2017年3月20日月曜日

トリシティ155にハザードスイッチとフォグランプを付ける

おはようございました。
バイクは乗るためにあるのではなくて、弄るためにある!!
そういう道具として管理している漢です。

かなり快適だと思いつつも、乗ってみるとそれなりに我慢のならんこともあるわけでして、

  • ハザードスイッチがない
  • ライトの横方向が暗い
  • 電源があるのに、カーナビ代替のスマホが置けない

これらはどう我慢しても、辛いところでした。
ないなら付けてしまえ…ということで、
サクッと作って付けてみた次第。

用意したものは

  • 中国製の怪しいスイッチ(表面は防滴だけど、本体はそうでもないので保護が必要)
  • 板金(私は一部をカーボンの廃材で代用)
  • 110型コネクタ 2極(電源用)、6極(ウインカースイッチ用)
  • カメラ用の雲台と、スマホに固定用冶具2個

あとは細かい工具や電線類・半導体類です。

フォグランプはランプ下のボルト穴を利用します。
ハンドル側につけたい気持ちもありますが、ヘッドライトより上に補助灯の取り付けをしてはいけません。
車検が通らない改造はお縄になるので、基本やってはいけません。

M6×18mmがぴったり合います。ネジ穴が狙って配置してくれているので、とてもありがたい。



こんな感じのLアングル材を用意して、ミラーの取り付け穴に取り付けます。

配線を引き出すのはハンドルの上のカバー部の中で、こんな感じになっています。

ウインカーの配線はこんな感じになっています。


取り付けるとこんな感じです。

動かすとこんな感じです。


点滅はICを使って作りこみましたが、半導体に慣れていない方はリレーでもハザードを容易に作れます。

私は機械ものよりも、半導体物の方が自由自在に作れるので都合がいいのです。
こういう時、回路が自由自在に書ける強みって、ものすごい便利ですよね。
道具を準備するのに手間がかかりましたが、工作自体は1日ででき上がってしまいました。
皆さんもガンガン弄って、自分が快適になるように触りまくりましょう。

ではでは、今日はココまで。
またの機会に会える事を楽しみにしています。

6 件のコメント:

  1. お見事です。
    自力が楽しい1日ですね。
    頑張りま〜す。🛵

    返信削除
    返信
    1. 冬以外ならガンガンやりましょう!
      案外と2a接点のスイッチってないので、結局PchのFETとトランジスタで作ってしまいました。
      どこか2a接点のスイッチで作ってくれないものか?と悩みます。

      削除
  2. はじめまして125ccの初期型トリシティはハンドルカバー内にウインカーのコネクターはありますか?
    もしご存知でしたら教えてください。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして、125ccを触ったことはないので確実なことは言えません。
      予めご了承ください。
      普通の二輪車・自動車はハンドルスイッチ類はコネクターで接続されています。
      これは組み立て性や整備性の向上と、ハーネスとその他の部品メーカーについて、注文業者の変更をしたいためです。
      恐れずに、一度カバーを開けて見ることをお勧めします。
      また、不用意に壊さないためにもサービスマニュアルを購入することをお勧めします。私が記事に書く程度の事はサービスマニュアルに記載されていることを実践で色々と応用しただけにすぎませんので…。

      削除
    2. ご返事ありがとうございます。
      すでにカバーは開けたことがありグリップヒーター取付で電源をとったことがあります。ただそのときはハザードまで付けるつもりはなく見ていませんでした。
      パーツリストに記載がありそうなので見てみます。
      ありがとうございました。

      削除
    3. 本日無事にハザードできました。
      コネクタおよび場所も155と同じでした。ここらへんはもう成熟してるようです。というより、配線が色分けしてあり距離も短いためすぐわかる範囲でした。テスターも不要でした。
      それにしても、
      本ページの写真4枚目にある緑字の「電源」の文字の下にあるM6くらいの溶接されたナット2か所はなんの目的なんでしょうか。
      うまくすればここになにかつけれそうですね。

      削除

ご意見や要望はこちらへどうぞ。