2018年4月23日月曜日

冬前にやればよかった…こたつ用キーボード入れを作る

おはようございました。

私はこたつでPCや測定器いじりをしていることもあり、こたつの上が非常に狭いです。
おまけにこたつで足を延ばしながら作業できない、毎回座り直しをしなければならない、キーボードに誇りがたまる、PC自体の置き場がない、UPS置けない、HDDケースが置けないなど、色々と小さな不満が積み重なる訳です。

生活にかかわる小さな不満を解消する事は、大きな生産性の向上に繋がります。
そこで、技術士試験合格で初めて頂いた報酬を元手に、材料を買い集めてささっと作ることにしました。
勿論、工具類まで買ってしまうという、今までの職ではありえない贅沢をしてしまいました。
充電ドリルEZ79A2Xワークメイト WM225、そして、それ以外にもはんだ吸い取り器TP-100や、ポリアミドが使えるハッコーメルター ホットメルト塗布器などなど…勢い余ってさほど高価ではない欲しかったものを軽くそろえるというやり過ぎ感満載です。

さて、早速自分の所有するこたつの天板に合わせて木材を加工します。
今回はこたつの天板を加工すれば速攻で簡単な物が作れるのに、あえてそれをせずにこたつと何時でも分離できる仕様にしました。
使用する木材は焼いて色づけした桐という超贅沢仕様
おまけに木ネジや理由なく錆びやすい鉄材なんている下品なものは使わない、何という豪華な部材選定。全てSUSネジとSUS板金で挟み込んで締結します。
剛性感&やり過ぎ感半端ないです。


普通のホームセンターで集めれば、材料費だけで2万近く飛びます。貧乏人にはこんな贅沢品は二度と作れねぇ~(涙。

 こんな感じで横の枠を作り…

こたつの天板に位置を合わせて、底板を組付けて行きます。

 こんな感じで、お高いベアリング仕様のスライドレールを付け、稼働側の木板も木ネジで側方から固定ではなく、SUS板金によって下側をしっかり支えて固定してしまうという、剛性がやたらと高い贅沢な仕様にしました。
奥の空間にはUPSやHDDケース、小さいPCなどが置けるように配慮、今回抱いた小さな不満が全て消し飛びました。

で、こちらがこたつと合体させた完成形。
夜は寒いとはいえ、もうすぐこたつを片づける時期なのに、何やってんでしょうね…。
ちなみに、これぐらいの工作であれば、図面を引かずにミスなく一発で片付けられます。
歌ってって踊れる電気屋さんっていうのは、万能でなければなりません。
即興で何でもできなくては、真のエンジニアには届かないのです。
ならばそれを目指す私はとりあえず何でもできようと思った次第。

私はこれを部材集めて休憩を入れて大体3時間弱で作りました。
失敗を恐れてか、確認しながら作るので、まだまだ遅いですよね…。
もう少し早く作業ができるように精進しようと思います。

冬はこたつで廃人生活を送りたい…そんなあなたは、作ってみてはいかがでしょうか?

ではでは、今日はココまで。
またの機会に会える事を楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見や要望はこちらへどうぞ。