2014年3月22日土曜日

CX-484と言うカーオーディオの特性

解らんなら弄るな!

ちょっと野暮用でオートバックスに買出しにいったのですが、最近は
『原理も機能もよく分からないけど、弄ると格好良さそうだから弄る』
という、半ばキチガイじみた志向の方々が増えているようで、とても悲しくなります。
スタバと同じ感覚で、
『スタバで仕事っぽいことしている私格好いい(自惚れ)』⇒『オートバックスでパーツ吟味している私格好いい(自惚れ)』
という程度しか差がありません。

悲しいですね、特に
『車に大した興味ないアルバイト店員捕まえて、製品の内容聴いて、その人の言っていること鵜呑みにしている様』
は、とても悲壮感が漂います。
オートバックスの店員が持つ平均的なラインは酷い対応力や、酷く浅い知識というイメージしかありません。
つまりは少なくとも私は当たりに当たった事が無い
メーカーのディーラーも大概ですが、それ以上に酷い人が多いです。
そんな人に聴くよりはしっかりと専門書(と言いつつ、こいつも外れが多い)読んで、正しい知識を得た上で手をつけるべきだと私は断言します。
特に電気物。犯罪級な粗悪品があちらこちらに存在しています。電気火災の元ですよ?
さて話を戻して、その場で半分近く間違っていることを指摘してやろうかとも思いましたが、そんな事をしても
お前誰?
で終わりますし、店の売り上げの邪魔をしてしまいそうなので、流す事にしました。
日本は売り上げの内容が、個人消費6割の国です。
景気回復のための苦渋の決断。ここは勇気を振り絞り、じっと堪える事にしました。(棒

さて、こういうやり取りが意外と多い状況を見ると、車の買い替えを頻繁にする人の中で弄り倒している人の中には、
『自分で弄って不具合が出たのを認めたくなくて手放している』
というのも理由にあるのかもしれません。
最近の車って結構優秀ですが、電子部品が増えたことや製品自体の耐久性の低下によって改造にはめっぽう弱いですからね。
トータルバランスを取捨選択して作り上げなければならない自動車というカテゴリーは、単純な興味本位だけで足を突っ込むべきではないと私は思います。
もちろん、金が余って1台買い換える覚悟がお有りなら全く別ですけどね…。
少なくとも、薄給な私はそんな予算持ってません(泣


さて、本題。
我が家に何故かホンダの純正オーディオ ケンウッド製の“CX-484”なるオーディオがありまして、ほったらかしているのも勿体無いと、測定をしました。
オートバックスに逝ったのは、市場調査という目的と、こいつのキボシ端子への変換端子を買うためです。
我が家の車はトヨタ。コイツが何故あるか?何のことは無く、父親の買い替えた新車から外した奴が実家に転がってたので、勝手に失敬してきただけです。今付いているナビのほうが便利ですし、1年以上は放置されているので特に問題ないでしょう(ぉ


測定したのはプリセットされている6素類のイコライザパターンと、個人で設定できる音質設定です。
音質設定には高音と中音と低音の調整が付いており、どの様な動きをするのか?視覚的に見てみようと思った次第です。
外部入力端子が付いていると、すごく測定がしやすいです。


こういったオーディオ物(特に車)は、
『なんかよう解らんが、気に入った設定で聴いている』
というのが一般的ではないでしょうか?
私は耳と口が悪いので、あえてそう言ったタブーに直球ど真ん中で正攻法をしてみようと思います。
大人気ない力というのは、大変素晴しいものですよね。


さて、測定した結果です。

ケンウッドさんは珍しく私が愛するメーカーの1つでして、その結果がそのまま現れています。
1999年ごろにUCR-421(72倍速CDドライブ)を出したときなんか、飛びついて買ってましたね…(遠い目
さて、そのケンウッドさんの特徴は、
位相特性が超絶に綺麗
10Hz~70kHzぐらいまで使い物になる
と言う、何それ?と言うぐらい過剰スペックな代物です。
びた一文お金を貰ってませんが、コイツは初心者にお薦めできると断言できます。

問題はイコライザなのですが、デジタル式のイコライザ?にもかかわらず、位相がぐるぐる回るような下品な事が有りません。
人間敏感なものでして、位相特性が汚いと音が汚いとしっかり解ってしまいます
それが無いと言うのは、非常に優秀ですね。
どこかのテレビ屋さんも、これぐらいやってくれれば納得するのに…そう思います。



残念なのは高音・中音・低音の3点しか調整できないことぐらいでしょうか?
ココに間の2点、高中音・低中音があれば完璧だったと誰もが絶賛するでしょう。
後はスピーカーと筐体さえしっかりしていれば、良いオーディオ環境が整えられること間違い無しです。

これは意外と良い物を拾ったなぁ~返すのが惜しいや…と思う今日この頃でしたとさ…。

ではでは、今日はココまで。
またの機会に会える事を楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見や要望はこちらへどうぞ。